ウィーンとオーストリア・ファンのためのポータルサイト

国立歌劇場1718

2017/18公演プログラムへ戻る

ウィーン国立歌劇場2017/18シーズンのプログラム

年間プログラム表紙

2017年4月5日に同劇場から発表された資料をもとにまとめてあります。オペラに関しては、日本で一般的に普及している「日本語の作品名」も併記しましたので、ご参考にどうぞ。

子供向けを含めて7作品が新演出で上演されます。
-DER SPIELER(賭博師)、セルゲイ・プロコフィエフ作曲、2017年9月4日プレミア

-LULU(ルル)、アルバン・ベルク作曲、2017年12月3日プレミア

-ARIODANTE(アリオダンテ)、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル作曲、2018年2月24日プレミア

-DANTONS TOD(ダントンの死)、ゴットフリート・フォン・アイネム作曲、2018年2月28日プレミア

-SAMSON ET DALILA (サムソンとデリラ)、カミーユ・サン=サーンス作曲、2018年5月12日プレミア

-DER FREISCHÜTZ(魔弾の射手)、カール・マリア・フォン・ウェーバー作曲、2018年6月11日プレミア

-CINDERELLA(シンデレラ)、Alma Deutscher作曲、2018年1月28日プレミア(子供向けオペラ)

なお、劇場側の都合により、プログラムが変更される場合もありますので、チケットをお買い求めの際には、同劇場のホームページ(または、チケットを購入される際に使用するCulturall.comのホームページ)で、ご確認をお願いします。
また、出演者などの詳細は、ウィーン国立歌劇場の公式ホームページをご覧ください。

2017/18シーズンの月別プログラム

クリックすると月別のページへジャンプします。

公演プログラムへ戻る

a:790 t:3 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional