ウィーンとオーストリア・ファンのためのポータルサイト

バーデン1920

2019/2020公演プログラムへ戻る

2019/20年バーデン歌劇場

BADEN1920.jpg

バーデンでは、毎年10月から5月まではバーデン歌劇場(STADTTHEATER)、6月から9月上旬までカジノに隣接した夏劇場(SOMMERAENA)で、それぞれ公演が行われます。なお、ミュージカルに関しては、全公演がバーデン歌劇場で行われます。

今シーズン、STADTTHEATERで上演される作品はモーツァルトの「後宮からの誘拐」(2019年10月19日プレミア)、スッペの「ファティニッツァ」(2019年12月14日プレミア)、レオ・フィルの「スタンブールのバラ」(2020年1月25日プレミア)、ミュージカル「王様と私」(2020年2月15日プレミア)、オスカー・シュトラウスの「三つのワルツ」(2020年4月3日)です。

一方、SOMMERAENAでは、ベナツキーの「白馬亭にて」(2020年6月19日プレミア)、レハールの「青いマズルカ」(2020年7月31日プレミア)の2作品です。なお、ミュージカル「サンセット大通り」(2020年7月10日プレミア)はSTADTTHEATERで上演されます。

バーデンでは、日曜日はマチネ(15時開演)なので、ウィーンから観賞に出かける場合も楽です。付近にはホイリゲもあるので、観劇と合わせて楽しい休日を過ごすことができます。

クリックすると月別のページへジャンプします。


a:54 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional