ウィーンとオーストリア・ファンのためのポータルサイト

こうもり

オペレッタ・コーナーのトップへ戻る

こうもり Die Fledermaus

ヨハン・シュトラウスⅡ世が作曲した傑作で、「オペレッタの定番」です。特に序曲は単独でも取り上げられることが多く、ご存知の方も多いと思います。
ドイツ語圏の歌劇場では、通常、オペレッタを上演しない劇場でも、年末だけは「こうもり」を上演します。その理由は、お話の設定が12月31日から1月1日にかけてのエピソードだからです。

プロローグ 題名の由来

初演当時の「こうもり」のポスター

こうもり」というオペレッタなのですが、そもそも妙なタイトルである上に、「オペレッタの内容」と直接関係がありません(もちろん、動物のこうもりが主役のオペレッタではありません)。ですから、初めて観る方は、タイトルがどのように内容と関係があるのか、ピンと来ないと思います。

そこで、「こうもり」という題名の由来をご紹介しましょう。オペレッタの内容から言えば「こうもり博士の笑いの復讐」というのが「本来のタイトル」になります。今流に言えば、大勢の仕掛け人を動員して有名人はめる「ドッキリカメラ」のような内容です。

ターゲットは、新興成金のアイゼンシュタイン氏。実は、それ以外の出演者は、全員仕掛け人です。が、オペレッタを観ているお客さまに「それがわかる」のは、実は3幕のエンディング直前という流れになっています。

仕掛け人の中心人物は、かつて仮装舞踏会にアイゼンシュタイン氏と出席したファルケ博士。この仮装舞踏会にファルケ博士は「こうもり」、アイゼンシュタイン氏は「蝶」の仮装で出席したのは良かったのですが、ファルケ博士は酔いつぶれてしまい、帰宅途中、街中で仮装のまま寝てしまったのです。

その時、友人のアイゼンシュタイン氏はファルケ博士を介抱せず、街中に放置したまま、帰宅してしまいました。翌朝、こうもりスタイルのファルケ博士は、多くの市民の目にさらされながら自宅に戻るはめになりました。それをきっかけに「こうもり博士」というあだ名が付いてしまったのです。

ファルケ博士も、何とかアイゼンシュタイン氏に、一泡吹かせたいと考え、たまたまアイゼンシュタイン氏が、税務署員を屈辱したかどで禁固刑に服することになったタイミングを見計らい、皆で笑いものにしよう(つまり自分と同じような体験をさせよう)と考えたのでした。

これが「こうもり」というオペレッタの前にあるプロローグです。ちなみに、「こうもり博士」というあだ名が付いたいきさつは、2幕のオルロフスキー邸での夜会で、アイゼンシュタイン氏自身が、オルロフスキー侯爵の質問に答える形で説明します。

しかし、この夜会に仕掛け人全員(3幕で登場する看守のフロッシュを除く)参加するのですが、観客にはあたかも偶然、仕掛け人が夜会に集まってきたように見えるお芝居になっています。アイゼンシュタイン氏の奥さまであるロザリンデと女中さんのアデーレは、両者とも仕掛け人なのですが、1幕ではアデーレがお暇を頂くため、ロザリンデともめる場面などが入っています。

さらに、ロザリンデの愛人のように見えるアルフレードも、実は仕掛け人で、今はロザリンデとは不倫関係にはなっていない‥という裏事情が3幕で暴露されます。

つまり、ヨハン・シュトラウスⅡ世は、お客さまも騙すようなストーリー展開にしたという訳です。

こういった事情を知らなくても十分楽しめるのですが、「ドッキリカメラ的な視点」で観ると、各場面でターゲットのアイゼンシュタイン氏を笑いものにする仕掛けが多数、組み込まれていることがよくわかります。

アイゼンシュタイン氏にとっては、裁判に敗れて刑務所に収監される前に、ファルケ博士のアイデアによる「笑いの復讐」を受けるという、踏んだり蹴ったりの年越しになってしまいました。

なお、ウィーンなどでは大晦日、午前0時を回り、新年を迎えると、街中でもシャンペンで乾杯し、大騒ぎをする「慣わし」があります。このオペレッタで、シャンペンで乾杯する場面が多いのは、こういった「慣わし」に沿ったものなのです。

この他、「出演者の名前」も、役のキャラクターを反映して、一ひねりしてあります。例えば、主人公のアイゼンシュタインは日本語で直訳すると「石頭」という意味になります。つまり、「思い込みの激しい頑固者」といったイメージでしょうか。

主な登場人物

  • ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン:金持ちの主人公(テノール)
  • ロザリンデ:アイゼンシュタインの妻(ソプラノ)
  • ファルケ博士:アイゼンシュタインの友人(バリトン)
  • フランク:刑務所長(バリトン)
  • オルロフスキー侯爵:ロシアの貴族(カウンターテナーまたはメゾソプラノ)
  • アルフレード:オペラ歌手、副業で音楽の先生をしているようです。実はイーダの恋人(テノール)
  • アデーレ:アイゼンシュタイン家の女中さん(ソプラノ)
  • イーダ:アデーレの姉(妹という説もあります。歌手が起用されますが、ソロで歌うことはありません)
  • ブリント:アイゼンシュタイン氏お抱えの弁護士(バリトン)
  • フロッシュ:刑務所の看守(通常は役者さん)

「あらすじ」と見どころ、聴きどころ

有名なオペレッタなので、「あらすじ」は色々なところで紹介されていますが、オペレッタの場合、オペラ以上に演出で内容を改変できるので、同じ演目でも劇場によって内容が違うことがあります(演出だけではなく、曲の追加など)。ここでは、フォルクスオーパーで現在上演されている内容を基本にご紹介します。

ところで、オペレッタの場合、オペラよりも重唱が多いのが特徴ですが、「こうもり」は、ソリストによる「聴かせるアリア」が数曲入っています。ところで、オルロフスキー侯爵は役の上では男性ですが、オペレッタでは女性(メゾソプラノ)が担当することが多いようです(いわゆる「ズボン役」)。男性の場合は、女性のように高い声が出すことができるカウンターテナーの歌手が起用されます。

1幕:オーストリア某所にあるアイゼンシュタイン邸

第1幕の一コマ

アイゼンシュタイン邸の女中さんアデーレのところに、姉のイーダから「オルロフスキー邸で開かれる大晦日の夜会の誘い」の手紙が届けられるところから始まります。

アイゼンシュタイン氏の奥さまロザリンデに、叔母が病気になったという嘘を言って、お暇をもらおうとしますが、ロザリンデは、旦那さまが刑務所に入るので忙しいから‥とそれを却下。

この当たり、2人のやり取りが面白いところです。一方、ロザリンデの元恋人、テノール歌手のアルフレードが屋敷に忍び込んで来ますが、こちらもロザリンデに「ダンナがもうすぐ帰ってくるからダメ」と追い返されます。

入れ替わりにアイゼンシュタインと弁護士のブリントが戻ってきます。アイゼンシュタインは裁判に負けて禁固刑が確定したので、弁護士のブリントに怒りをぶちまけます。アイゼンシュタイン、ブリント、ロザリンデの三重唱が聴きどころです。

女性に目のないアイゼンシュタインは、自宅でもアデーレにちょっかいを出しています。数日、刑務所に入る羽目になったアイゼンシュタインは、「最後の晩さんは豪勢に」とアデーレに夕食の準備を命じます(ここでオーストリア料理の名前が出てきます)。

そこへファルケ博士がアイゼンシュタインをたずねてきます。ロザリンデがアイゼンシュタインが刑務所へ来てゆく服の準備をするため席を外したタイミングに、ファルケ博士は、アイゼンシュタインに「オルロフスキー邸で催される夜会に一緒に行こう」と誘います。

本当は、今晩、刑務所へ出頭しなければいけないのですが、綺麗な女性が沢山集まると聞いて、「明日の朝、刑務所へ出頭すればいいや」ということで話がまとまります。アイゼンシュタインとファルケ博士の楽しい二重唱が聴きどころです。浮き浮きした気分が上手に表現されていますね。

そこへロザリンデが戻ってきますが、刑務所に入るのにハイテンションになっている夫を見て、不思議そうな表情。アイゼンシュタインはロザリンデに「権力に対する抵抗だ」といったような嘘をついて、夜会用の正装に着替えます。

アデーレが夕食の準備を整えたものの、アイゼンシュタインは早く夜会に行きたいため、ロザリンデとの別れを惜しむふりをして、早々に自宅を後にします。この時、アイゼンシュタインとロザリンデの二重唱は、2人の本音が見え隠れするなかなか楽しい歌です。

ロザリンデも、夫の留守中にアルフレードを呼ぶため、ロザリンデに暇を出します。アデーレは、夜会に着てゆくドレスを持っていません。そこで、ロザリンデの目を盗んで、ロザリンデのドレスをナイショで借りて夜会へと出かけていきます。

2人が意気揚々と夜会に出発すると、入れ替わりにアルフレードがやってきます。夕食やワインも用意してあるので、アルフレードはご機嫌です。

アイゼンシュタインのガウンを来て、ロザリンデの夫気取り。ワインを飲んで上機嫌、ロザリンデとベッドルームへ行こうとするところに刑務所長のフランクが部下を連れてやってきます。

刑務所へ連行されるアルフレード

アイゼンシュタインを収監するためにやってきたのですが、フランクはアイゼンシュタインの顔を知りません。夫人であるロザリンデと良い雰囲気になっているアルフレードをアイゼンシュタインと思い込み、連行しようとします。

ロザリンデも、夜会に行く必要があるためアルフレードに「明日の朝、迎えに行くから、ここは夫になってちょうだい」と言いくるめます。アルフレードも「それならば」とロザリンデにお別れの濃厚なキスを求めます。ここでは、ロザリンデ、アルフレード、フランクの3人が、コミカルな演技を交えた三重唱を披露します。ここで1幕が終わり、休憩となります。

2幕:オルロフスキー邸での夜会

ロシアの貴族オルロフスキー邸で行われている大晦日の夜会には、大勢の参列者(実は仕掛け人)がすでに集まっています。

そこへ、アイゼンシュタインの関係者が続々とやってきます。最初にやってくるのは、ロザリンデのドレスを着たアデーレです。ここでイーダと合流するのですが、アデーレはオルガという女優に、イーダはバレリーナになりすまします。

第2幕の華やかな夜会シーン

続いてやってくるのは、アイゼンシュタイン。ファルケ博士が出迎え、オルロフスキー侯爵にフランス人のルナール侯爵として紹介します。さっそく、ここから「笑いの復讐」が始まります。

オルロフスキー侯爵がウォッカを使ってアイゼンシュタインをもてなすのですが、この時、オルロフスキー侯爵が歌うアリア「ぼくはお客を呼ぶのが好きだ」も名曲ですね。

強烈なウォッカの一気飲みでダウン寸前のアイゼンシュタインは、アデーレとばったり。「うちの女中のアデーレだ」というアイゼンシュタインに、アデーレことオルガは、参列者の前で「侯爵さま」という歌で女優であることを証明します。ここはアデーレのアリアが聴きどころです。

続いてやってくるには、刑務所長のフランクです。フランクもフランス人騎士のシャグランという偽名を使っているため、オルロフスキーが「フランスの方がお二人いるので、ぜひお話でも」といって参列者の前で二人に会話を進めます。断る訳にもいかず、アイゼンシュタイン、フランク共にフランス語は全く駄目。覚えている単語を並べて、会話の真似事をしますが、ここがオペレッタらしい笑いを誘うお芝居が見物です。

最後にやってくるのがロザリンデですが、さすがにアイゼンシュタインに顔がわかるとまずいのでマスクをしています。そして、ハンガリーの伯爵夫人になりすました登場します。

女性に目がないアイゼンシュタインは、時報が鳴る懐中時計を使って、謎の伯爵夫人を口説き落とそうとします。しかし、ロザリンデに秘密兵器の時計を奪われる始末。ところが、アデーレが「マスクまでして、本当にハンガリーの伯爵夫人なのかしら」という疑問をぶつけてきます。ここで、2幕最大の聴きどころであるロザリンデはハンガリーの酒場風音楽チャールダーシュ「故郷の歌をきけば」''を披露し、ハンガリーの伯爵夫人であることを証明します。

ここで、晩さんが始まりますが、この席で、参列者の要望に応えてアイゼンシュタインが、ファルケ博士が「こうもり博士」と呼ばれるようになったいきさつが披露します。

夜通し繰り広げられる大晦日の夜会も盛り上がってきます。途中、バレリーナによるバレエ(フォルクスオーパーでは「ピチカートポルカ」が使われます)が披露されますが、ここに乱入するのが偽バレリーナのイーダです。

実際にあえて下手なバレエを披露するため、非常に高度なバレエ技術が要求されます。ぜひ、この場面でのイーダの踊りには注目してください。ちなみにイーダ以外は、全員、正規のバレリーナです。ちなみに、他の劇場では、「下手なバレエ」が難しいためか、イーダの踊りが入っていないケースが多いようです。

左からオルロフスキー侯爵、ロザリンデ、アイゼンシュタイン

夜が明けてきて、アイゼンシュタインも刑務所への出頭が気になります。6時の時報を聞き、大慌てで会場を後にするアイゼンシュタイン。途中までご一緒にということで、フランクも一緒です(当たり前ですが、本良は同じところへ行く訳ですから)。

二人が帰った後、オルロフスキー邸に残った参加者(仕掛け人)は、アイゼンシュタインのドタバタ振りを思い出して、大笑い。ここで2幕が終わり、休憩が入ります。

3幕:刑務所の事務所

3幕は一転して、翌1月1日の刑務所です。なお、3幕は歌よりもお芝居が多いのですが、これが、また面白い。

最初に出てくるのは大酒飲みの看守のフロッシュです。このフロッシュは歌わないので、通常、役者さんが起用されます。大酒飲みの看守はお芝居でお客さまを魅了するので、人気がありますね。

第3幕の一コマ

アイゼンシュタインの身代わりとして収監されているアルフレードとのやり取りが、なかなか楽しいところです。また、フロッシュが日捲りカレンダーをめくると、なぜか、12月32日という架空の日付が(そう、これは全て冗談ですよと言う伏線です)。

そこへ、二日酔いの刑務所長フランクが出勤してきます。酔いを覚ますために、自分でお茶を入れ、タバコを吸うのですが、酔っ払っているためドジの連発。このお芝居がお客さまの笑いを誘います。

次にやってくるのは、アデーレとイーダの姉妹。実は、夜会の席で、良いところを見せたかったフランクが、二人のパトロンになると言ったので、さっそくやってきたのです。

フランクは「あなたは、本当に役者の才能があるの」という疑問をアデーレにぶつけます。そこで、アデーレは見事なアリア「田舎娘をやる時は‥」を歌い、役者としての才能があることフランクに証明します。「田舎娘をやる時は‥」は有名なアリアで、よくリサイタルなどでも取り上げられます。

そこへ、刑務所に入るため、アイゼンシュタイン本人がやってきます。アデーレとイーダはアイゼンシュタインに見つかるとまずいので、刑務所の開いている牢屋に一時避難。

フランクはアイゼンシュタインを見て、名前を聞くなり「そんなはずはない。アイゼンシュタイン氏は昨晩、自宅で奥さんと一緒にいたところを、私が連行して、牢獄に入っているよ」と答えます。

「妻と一緒にいた男は誰だ」と疑問に思うアイゼンシュタイン。そこへ、アルフレードの弁護をするため弁護士のブリントがやってきます。ここでブリントはアイゼンシュタインと鉢合わせ。アイゼンシュタインは、「自分がブリントになりすまして、妻の浮気をあぶり出してやろう」と考え、ブリントに法服を貸すように強要します(あと、もう一つ貸してもらうアイテムがありますが、これは見てのお楽しみ)。

そして、別室でブリントへの変装を始めます。誰もいなくなった事務所に、フロッシュが、弁護士ブリントに合わせるため、偽アイゼンシュタインのアルフレードを連行してきます。

ここで、フロッシュとアルフレードのやり取りがありますが、ぜひ注目して下さい。フロッシュがアルフレードに袖の下を要求し、アルフレードも小銭を渡します。その後、フロッシュが「ところで、あなたはどこで歌っているの?」と質問すると、アルフレードは「ウィーン・フォルクスオーパーだよ」と答えます。これを聞いて、袖の下を返すフロッシュ。そう、出演料が安くて気の毒だねと言うジョークなのです。お客さまも大いに湧く場面ですね。

そこへ、ロザリンデがやってきます。しかし、いるはずの弁護士ブリントが不在。二人が疑問に思っていると、アイゼンシュタイン扮する偽ブリントが登場し、調査を始めます。二人は、なぜ、弁護士が浮気の調査みたいなことを熱心にするのだと詰め寄りますが、ここの三重唱も、それぞれの心模様を表した楽しい歌ですね。

途中で、ロザリンデが「あなたは弁護士なのだから、アルフレードの弁護をしなさい」と言いだし、突然、切れるアイゼンシュタイン。所長の机の上に仁王立ちとなり、法服を脱ぎ捨て、「俺はアイゼンシュタインだ。おまえら浮気をしていたな」と叫び出します。

ここから、軽快なメロディーに乗ってアイゼンシュタインとロザリンデのバトルが始まります。そこへ、アルフレードも参入し、混乱状態に陥ります。ところがロザリンデには夫の浮気を証明する「とっておき証拠」があるのです。

全員がしぇんぺんで乾杯するフィナーレ

それは、夜会でアイゼンシュタインからかすめ取った懐中時計。この懐中時計をロザリンデが、アイゼンシュタインに突きつけたところで、アイゼンシュタインは降参。

そこへ、ファルケ博士、オルロフスキー侯爵を初めとする夜会の参列者、アデーレやイーダも事務所に集まってきます。事態が飲み込めず呆然とするアイゼンシュタイン。そこで、ファルケ博士が、「実は昨晩、君の家から始まった一連の騒動は私が考えた笑いの復讐だったのだよ。だから全てお芝居さ」というネタ晴らしが行われます。ちなみに、このとき、参加者も各自、「仕掛け人」だったことを白状します。そうそう、アルフレードは愛しいイーダの元へ駆け寄り、愛を確かめ合うシーンが入っていますね。

ホッとするアイゼンシュタイン。しかし、妻とは知らずに、女性を口説いたのは事実。アイゼンシュタインは、とっさに「全てはシャンパンのせいだから、許して、ロザリンデ」と言いだし、ロザリンデも女性好きの夫を許します(この当たりは、多少の浮気は許してしまうウィーン風ですね)。最後は、全員で「シャンパンが悪酔いさせたのね」を合唱してお開きとなります。

なお、その後、アイゼンシュタインは、しっかり刑務所に収監されるところで、幕となります。

オペレッタ・コーナーのトップへ戻る

a:4413 t:1 y:11

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional